QUALITY

品質へのこだわり
QUALITY 品質へのこだわり

定番へのこだわりトラッドの美学

体型に寄り添った
上質なオーダースーツ

欧米人に比べてスーツが似合わないと言われる日本人。その体型を最も美しく見せるデザインとは?胸板を厚く、肩を包み込むシルエットでバストアップを立派に。腰の位置を高く、つまり足が長く見えるパンツは、オンワードの職人が生み出した特許モデル。もちろん、あなたを美しく見せるスーツは、着心地も最高のスーツです。
年間約300名の採寸を行う熟練のフィッターが採寸

フィッター

年間約300名の採寸を行う
熟練のフィッターが採寸

年間約300名の採寸を行う熟練のフィッター。その熟練の腕前は寸法だけでなく、あなたの気づいていない身体のクセまでを測り取ります。さらには「Bespoken(ビスポーク)」という哲学のもと、自然と会話する中で、ご要望やお悩みなども解決していきます。

ジャストフィットの科学

長年の研究により蓄積された
独自の体型データベース

  • サイズデータパターン
    160

    現在では、紳士スーツに関しては独自開発した160パターンを越えるサイズデータを保有し、あらゆる顧客の体型にフィットしたスーツを可能にしています。

  • ボディデータ
    200,000

    プロのフィッターが年間約20万人のフィッティングを実施。その採寸データをもとに、日本人の体型に最適なサイズマスタを作成しています。

その時代に求められるスーツとは何か

私たちの姿勢

その時代に求められる
スーツとは何か?

オンワード樫山。その歴史は、1948年、日本で初めてホフマンプレス機を導入し、当時高級品だったスーツの「量産化」に成功したことからはじまります。1954年には「イージーオーダー」を市場に。1970年代には、サンローランやラルフローレン等との提携を進め、日本にいち早くグローバルブランドをもたらしました。そして 2017年、KASHIYAMA the Smart Tailor の誕生。イノベーションとテクノロジで「オーダースーツの新体験」を生み出します。