予定に応じて印象チェンジ「ジャケットとインナーのベストバランス」
02

予定に応じて印象チェンジ「ジャケットとインナーのベストバランス」

ジャケットにはいつも同じようなシャツやカットソーを合わせてしまいがち。 でも、予定や気分に応じてインナーを変えることでぐっと印象が違って見えます。 素材やデザインはもちろん、新鮮な色合わせにも注目です。

ツイードスーツ×ボウタイブラウス

「クラシックなツイード素材のラウンドネックジャケット。シャツ襟ではもたついてしまうので、ネックラインを邪魔しないボウタイブラウスを。顔周りを女性らしい華やかさで彩ってくれます。ラウンドネックの場合、冬にはタートルネックニットを合わせるのもおすすめです」

スーツ¥50,000(税抜)〜 [ 5516 / GREY ]

ニュアンスカラージャケット×同系色ブラウス

「上品なキャメルのニュアンスカラージャケットには、同じくブラウン系のブラウスでカラーグラデーションに。白のインナーだと配色が強すぎてしまいますが、ニュアンスカラー同士の組み合わせなら優しく洗練された雰囲気。品よくトレンドを感じさせることができます」

ジャケット¥28,000(税抜)〜 [ 5420 / BROWN ]/パンツ¥10,500(税抜)〜 [ 5311 / WHITE ]

ネイビージャケット×白リブニット

「清潔感のあるネイビー×白は鉄板の組み合わせ。リブニットのニュアンスが、マットなネイビージャケットとの組み合わせに奥行きを出してくれます。白のシャツやブラウスよりも、少しだけカジュアル感が表現できるのもポイント。堅苦しくなく、オフィスでのおしゃれを楽しむことができます」

スーツ¥40,000(税抜)〜 [ 5426 / NAVY ]

What’s KASHIYAMA the Smart Tailor?

高品質なスーツを、手に入れやすいプライス&最短1週間という納期で手に入れることができる「KASHIYAMA the Smart Tailor」。創業90年の歴史を持つオンワード樫山だからこそ、独自のパターン設計と経験豊富なスタイルガイドによるジャストフィットな仕上がりが可能。全国主要都市にある店舗で採寸すれば、2着目からはオンラインストアからもオーダーできる手軽さも魅力!

PROFILE

STYLIST
松村純子
[ JUNKO MATSUMURA ]
雑誌、広告などで活躍する人気スタイリスト。ビジネススタイルもカジュアルも、どこかに女らしさを感じさせるキレのいいスタイリングを得意とする。一般企業に就職経験もあるため、リアルな視点からのスーツ選びに定評あり。

EDITOR
発田美穂
[ MIHO HOTTA ]
大学卒業後、ハースト婦人画報社の25ans編集部を経て独立。雑誌、広告などを中心に、ディレクター、エディターとして活躍。理論派を語る一方、ショッピング好きが高じて衝動買い推奨的な特集も多数担当。

ページトップへ戻る