HOW TO

リクルートスーツとビジネススーツは違うもの?

リクルートスーツとビジネススーツは違うもの?
15

就職活動の会社訪問や面接の要項に「平服でお越し下さい」と書かれていたら、それは普段着ではなくスーツを意味していることは、社会人常識の第一歩だ。リクルートスーツはビジネススーツの基本中の基本。そのため「ビジネススタイルの基本のき」ともいえる、黒や紺などダークカラーのベーシックでシンプルなスーツを用意するのが望ましい。

それまでまともにスーツを着た経験がないひとは新調するとしても、入学式のスーツを流用しようと思っているひともいるかもしれない。あらためてクロゼットからスーツを取り出してみてほしい。一度着たきりで出番がなく、クロゼットでぎゅうぎゅうに押しつぶされてしまっているスーツはシワだらけだったり、ラペルが押しつぶされてしまっていてはみすぼらしい。クリーニング店でメンテナンスする必要があるが、それ以前に入学式というハレの席に望むために購入したスーツは、どこか浮かれた色柄だったりしないだろうか。

リクルートスーツとビジネススーツは違うもの?

就活スーツは学生の身分をわきまえた一着を

たとえ色柄はダークカラーでも、デザイナーズブランドのお洒落なスーツでは就活用にはそぐわない。これから節度ある社会人として、然るべき場所に相応しい服装ができる人物であることを示すためにも、学生としての身分をわきまえたスーツが必要だ。高価過ぎるブランドスーツや派手すぎる色柄生地、面接官より高価なスーツを着ていくのは不相応なことはいうまでもない。

色はビジネスカラーにならう。黒または紺無地が基本だが、黒無地は礼装に通じる場合があるため注意したい。ビジネススーツのグローバルスタンダードは紺だ。黒の場合は光の加減で縞の織り柄が浮き上がるシャドーストライプや、黒に近いチャコールグレーを選ぶといい。格好良さでダブルブレストを選びたいというひともいるかも知れないが、本来ダブルは士官の制服なので、学生にはシングルをおすすめする。

リクルートスーツとビジネススーツは違うもの?

希望業種に合わせた色柄のスーツを選ぶ

服装ではなく人物像で採用してほしいという意味を込めて、主張しないスーツで望むのもひとつの手だが、職種にあわせて選ぶのも自己アピールにつながるはずだ。国際的な企業を志望するなら、ビジネススーツのグローバルスタンダードであるネイビーを選ぶことで主張するといいだろう。それというのも黒のスーツをビジネス使いするのは日本人に多く、海外では一般的ではないからだ。金融業界を志望するならチャコールグレーのような落ち着いた印象の色柄が望ましい。市場を支える縁の下の力持ちとして、お客様を支える信頼と誠意を表す色だ。ロンドンの金融街で“ユニフォーム”といわれる、ネイビーのピンストライプスーツは、国際金融に関わる意思を示すことにもつながるはずだ。サービス業など人と接する業種を志望するならば、ミディアム〜ライトなトーンのネイビーやグレーなど明るい色のスーツで人柄をアピールしてみても良いだろう。

リクルートスーツとビジネススーツは違うもの?

就活はスーツの取り扱いを覚える絶好の機会

就活も佳境に入ると、会社訪問や面接が連日続くこともある。盛夏に差し掛かれば、連日の着用で汗を吸ったスーツをクリーニングに出すことも考慮して、最低でも2着用意しておきたい。そもそも同じスーツを2日続けて着るのは、スーツの寿命を縮めることも知っておこう。ほかにもワイシャツは白またはそれに準じるストライプを。ネクタイは派手すぎないレジメンタルや水玉柄がいい。整然とした柄は、秩序と安定を意味して、社会人の素養を表すとされるからだ。靴は黒いストレートチップまたはプレーントゥの紐靴だ。きちんと磨いて履くことも社会人の常識である。細部まで気を抜かず、それでいて学生であることを忘れずに。