クラシックスーツ

¥33,000から最短1週間でお届け

クラシックスーツ

¥33,000から最短1週間でお届け

セットアップスーツ

¥33,000から最短1週間でお届け

セットアップスーツ

¥33,000から最短1週間でお届け

オーダーシャツ

¥8,250から最短1週間でお届け

オーダーシャツ

¥8,250から最短1週間でお届け

テーラードジャケットとは?おすすめの選び方からシーン別の着こなしまで徹底解説
2023.12.04 MON

テーラードジャケットとは?おすすめの選び方からシーン別の着こなしまで徹底解説

最近、ファッションの世界ではテーラードジャケットが再び脚光を浴びています。その理由は、汎用性と洗練された魅力に他なりません。

ビジネスからカジュアル、特別な日の装いまで、あらゆるシーンで活躍するこのアイテムは、あなたのクローゼットに欠かせない存在になるはずです。しかし、テーラードジャケットの選び方や着こなし方は、多くの方にとってわからない部分も少なくありません。

それでは、おすすめの選び方からシーン別の着こなし、さらには長持ちさせるコツまで、テーラードジャケットのすべてを解き明かしていきましょう。

テーラードジャケットの基本を知ろう

テーラードジャケットは洗練された印象を与えるアイテムですが、その魅力を最大限に引き出すには基本を理解することが不可欠です。

ここでは、テーラードジャケットにまつわる定義から歴史、そして特徴までを深掘りし、この上品なジャケットの全貌を明らかにします。

・定義:仕立てられた、カッチリしたシルエットの上着

・歴史:19世紀イギリス起源、紳士のカジュアルウェアから進化

・主な特徴:ラペルの形状、ボタンの数、生地の種類のバリエーション

テーラードジャケットの定義

テーラードジャケットとは「仕立てられた」という意味でカッチリしたシルエットが特徴の上着のことを指します。

テーラードカラー(つまり背広のようにカッチリした襟)があり、体にフィットするように仕立てられており、オフィスでのビジネスウェアとしてだけでなく、プライベートなカジュアルシーンでも活躍する汎用性の高いファッションアイテムです。

その多様性から、着こなしの幅が広がり、様々なスタイルに合わせやすいという利点があります。

テーラードジャケットの歴史と進化

19世紀イギリスに起源をもつテーラードジャケットは、当初は紳士のカジュアルウェアとして位置付けられていました。

しかし、時代が進むにつれてテーラードジャケットのスタイルは進化し、今ではビジネスシーンのみならず、デイリーウェアとしても取り入れられるようになりました。素材やデザインの多様化が進み、今日ではどんな場面にもマッチする、まさにファッションの万能選手と言えるでしょう。

テーラードジャケットの特徴とは

テーラードジャケットの最大の魅力は、やはりカジュアルさ&着こなしの幅の広さでしょう。ラペルの形状、ボタンの数、そして生地の種類によってさまざまなスタイルが生み出されています。

たとえば、ラペルは襟の部分のデザインで、シャープなピークドラペルからラウンドしたノッチドラペルまで様々です。

ボタンの数に関しては、一般的にはシングルブレストで二つか三つ、ダブルブレストで四つか六つのボタンが用いられることが多いです。

生地は季節やシーンに応じて選ばれ、夏には涼しげなリネンやコットン、冬には暖かいウールやツイードが好まれます。

テーラードジャケットの選び方

テーラードジャケットを選ぶ際には、サイズ感、素材、デザイン&カラーの3つのポイントを抑えることが重要です。

これらの要素を正しく選び、自分に合ったジャケットを見つけることで、より洗練された印象を演出することができます。

サイズとフィット感の重要性

サイズ感は、テーラードジャケットを着こなす上で最も重要な要素です。

肩幅や袖丈、着丈など、自分の体型にぴったり合うサイズを選ぶことで、見た目の美しさだけでなく、快適な着心地も実現します。

例えば、肩のラインが自分の肩とぴったりと合っているか、袖は手首の骨が隠れるくらいの長さであるかなど、細かな点に注意して選ぶと良いでしょう。

素材と季節のマッチング

季節ごとに適した素材を選ぶことは、快適性とスタイルを両立させるために不可欠です。

春夏は通気性と軽やかさを重視してリネンやコットンを、秋冬は保温性を考慮してウールやツイードを選ぶのがおすすめです。これらの素材はそれぞれ特有の風合いを持ち、季節感を演出する効果もあります。

デザインとカラーで差をつける

デザインとカラー選びによって、個性やトレンド感を表現することができます。

基本となるのはシングルブレストやダブルブレストのデザインで、シンプルなネイビーやグレーのジャケットから始めるのが無難です。徐々にチェック柄や鮮やかな色彩を取り入れることで、他者と一線を画すスタイルを確立することが可能になります。

シーン別のテーラードジャケットの着こなし方

テーラードジャケットはその多様性によって、さまざまなシチュエーションで活躍します。ビジネスからカジュアル、さらにはフォーマルな場まで、適切な着こなしを身につければ、あらゆる場で洗練された印象を与えることが可能です。

以下では、それぞれのシーンに応じたテーラードジャケットの選び方とスタイリングをご紹介いていきましょう。

シーン 合わせるアイテム
ビジネス ・ダークカラー ・品のあるネクタイ
・メンテナンスされた靴
カジュアル ・明るい色や柄物 ・デニム
・チノパン
・スニーカー
フォーマル ・ブラック
・ダークグレー
・シルク製ネクタイ
・ポケットチーフ

ビジネスシーンでの正しい着こなし

ビジネスシーンではプロフェッショナリズムを感じさせる装いが求められます。

ダークカラーのテーラードジャケットはカジュアルで洒脱である中にもどこか重厚感と権威を感じさせ、信頼感を高める要素となります。ネイビーやチャコールグレーといった色味は特にビジネスに適しており、ドレスシャツと組み合わせれば清潔感を演出できることでしょう。

また、ネクタイの色や柄によっても印象が大きく変わります。ビジネスシーンにふさわしい控えめながらも品のあるデザインを選ぶことが肝心です。

ドレスパンツはジャケットとの色のバランスを考慮し、上品で統一感のあるコーディネートを目指すべきです。靴は日々のシューケアできれいな状態を保ち、ポケットスクエアやカフリンクスなどの小物で細かなこだわりを見せることで、さりげないお洒落を演出することができるでしょう。

カジュアルなお出かけに最適なスタイリング

オフの日に街へ出かける際も、テーラードジャケットは大いに役立ちます。カジュアルな着こなしには、明るい色や柄物のジャケットが適しています。

ジャケットを主役にしたコーディネートを楽しむためにも、デニムやチノパンと合わせることでカジュアルダウンしつつ、スタイリッシュな雰囲気をキープすることができるでしょう。

足元にはスニーカーを取り入れることで、よりリラックスした印象になります。Tシャツやポロシャツをジャケットのインナーにすることで、ラフながらもトレンドを意識したスタイルが完成します。また、アクセサリーや時計などの小物使いで、個性を表現することも忘れずに。

特別な日のフォーマルな装い

結婚式やパーティーなど、フォーマルな場では礼儀正しい服装が求められます。

ブラックやダークグレーのテーラードジャケットは、格式あるイベントにふさわしい落ち着いた雰囲気を醸し出します。ホワイトのドレスシャツを基本に、光沢のあるシルク製のネクタイを選ぶことで、上品かつドレッシーな印象を強調することが可能です。

また、ポケットチーフを加えることで、さらにフォーマル感を高めることができます。足元には光沢のある革靴を選び、全体のトーンを整えることが大切です。アクセサリーは控えめにし、全体のバランスを崩さないようにしましょう。

よくある質問と回答

おしゃれなテーラードジャケットを上手に着こなそうとしたときに、いくつかの疑問が頭に浮かんだのではないでしょうか。

読者の皆さんから多く寄せられるテーラードジャケットについての質問をいくつかピックアップして、それぞれの疑問にプロの視点からお答えします。実践的な知識を身につけて、スマートなファッションライフを送りましょう。

Q1. テーラードジャケットは洗濯機で洗えますか?

まず、テーラードジャケットを長持ちさせるためには、適切なケアが不可欠です。

多くの方が気になるのは洗濯の方法ですね。

結論から言うと、基本的にはテーラードジャケットは洗濯機での洗濯は避けるべきです。洗濯機の強い水流や脱水がジャケットの形状や素材を損ねる原因となります。特にデリケートな素材は、水洗いによって縮んだり形が崩れたりする恐れがあります。

もっとも良いのは、汚れが目立つようになったらプロのドライクリーニングに出すことです。日々のメンテナンスとしては、柔らかい衣類用ブラシで表面のホコリを払い、スチームアイロンでシワを伸ばすくらいに留めておくと良いでしょう。

ただし、なかには洗濯機での洗濯ができる(いわゆるウォッシャブルな)テーラードジャケットもあります。気軽に洗濯をしながら使いたい方にはおすすめです。

Q2. テーラードジャケットに合わせるシャツの選び方は?

テーラードジャケットの印象を左右する大切な要素がシャツの選び方です。

一般的には、清潔感のある白やライトブルーのドレスシャツが無難で、どんなジャケットにも合わせやすいでしょう。

ただ、シャツ選びはその日の気分やシーンに応じて変えることができます。例えば、カジュアルな場ではチェック柄やデニムシャツを取り入れたり、ポロシャツを合わせることでリラックスした雰囲気を演出することが可能です。

大事なのは、ジャケットのフォーマリティとシャツのスタイルがバランス良く調和すること。シャツの素材やデザインにも気を配り、全体のコーディネートを考えることが、洗練された装いにつながります。

Q3. テーラードジャケットとブレザーの違いは?

テーラードジャケットとブレザーの違い……これは非常によくある質問の一つです。

ブレザーはテーラードジャケットの一種とお考えください。

ブレザーはもともとヨットクラブの制服として着用されていたもので、テーラードジャケットの中でもカジュアルな装いに適したものとなっています。

ブレザーは主にフランネル素材の生地(色は紺色が基本)で作られ、金属製のボタン(色は金色が主流)が用いられることが多く、スポーティな雰囲気を醸し出します。

こういった特徴を理解しておけば、目的やシーンに応じた適切な選択ができることでしょう。

まとめ

テーラードジャケットは、多様性とスタイルの幅広さから、男女問わず愛されるアイテムです。

KASHIYAMAでは、お好みの素材を使ったテーラードジャケットを作成できます。

今回ご紹介したような、テーラードジャケットの基本や選び方、シーン別の着こなし方やシャツとの合わせ方、そしてお手入れの仕方を参考にしながら、自分らしいテーラードジャケットを手にしてみてはいかがでしょうか。

KASHINAVI編集部
KASHINAVI編集部
オーダーメイドブランドのKASHIYAMAによる、知って得するスーツの常識をまとめたコンテンツ「KASHINAVI」を運営。 スーツに関するお悩みに対してナビゲートします。

開催中のキャンペーン

おすすめのコンテンツ

FOLLOW US