シャツの着丈はどれくらい?正しいサイズのシャツを選ぶための方法
2021.08.13 FRI

シャツの着丈はどれくらい?正しいサイズのシャツを選ぶための方法

着丈には適正なサイズがあります。自分に合ったサイズを選ぶことで、シャツがパンツの外に出て、だらしない見た目になるのを防ぐことが可能です。着丈の測り方と長さの目安を解説し、オーダーシャツの魅力を紹介します。

ビジネスにおけるシャツの着丈

image1.png

ビジネスで着用するシャツを選ぶ際は、動いてもパンツから出ないようにするため、適正な着丈を選ぶことが大切です。正しい計測位置や、適正な長さの目安を確認しましょう。

シャツの着丈位置について

着丈とは、襟の付け根の中央から裾まで、縦に測った長さです。着丈位置には、前身頃で測る『前着丈』と、後ろ身頃で測る『後ろ着丈』の2種類があります。

このうち、計測の際に使う位置は『後ろ着丈』です。

シャツは前着丈より後ろ着丈の方が長く設定されており、前着丈で測ると適正な着丈のシャツを選べなくなってしまいます。

ビジネスシーンでは、シャツをパンツに入れて着用するのが基本です。着丈に十分な長さがあるシャツを着用すれば、体を動かした際にパンツの外に出にくくなるでしょう。

目安はおしりが隠れる程度

着丈の理想的な長さは、裾でおしりが全部隠れる程度です。ハンガーにかけた際、袖の先と裾の先が同じくらいの高さになれば、十分な長さを確保できるでしょう。

カジュアル用の場合は、裾でおしりが隠れてしまうと、やぼったい印象を与えやすくなります。しかし、パンツの中に入れ込むビジネスシャツは、おしりが隠れるくらいがベストです。

着丈が適正な長さなら、両手を挙げたりかがんだりした際に、シャツがパンツの外に出てしまうのを防げます。着丈が長過ぎると袖丈も長くなってしまうため、ジャストサイズのものを選びましょう。

着丈以外にも気にしたいシャツのサイズ

image2.png

ビジネスで着るシャツを選ぶ際は、『首回り』と『裄丈』のサイズも注意しましょう。それぞれの適正サイズを紹介します。

首周りのサイズ

首回りが緩過ぎると、だらしない印象を与えてしまいます。逆に、首回りがきつ過ぎる場合は窮屈に見える上、自分も窮屈になってしまうでしょう。

首回りの適正サイズは、実寸サイズに2cmプラスした長さです。実寸サイズが40cmの場合、首回りの適正サイズは42cmとなります。

襟のボタンを留めた状態で、首と襟の間に指を入れてみましょう。指がちょうど2本入る長さが、適正サイズの目安です。

緩め・きつめを希望するなら、1cmの範囲内で調整しましょう。

裄丈のサイズ

裄丈とは、襟の付け根の中心から肩を通り、袖の先まで測った長さです。

スーツを着た際、裄丈が短過ぎるとジャケットからシャツが見えず、裄丈が長過ぎる場合は袖が出過ぎてしまいます。

裄丈のサイズは、ジャケットの袖からシャツがわずかに見えている程度の長さが理想です。1〜2cm程度出るように調整すれば、袖口の見た目が良くなります。

裄丈を適正なサイズに合わせれば、腕を曲げた際に引っ張られる感じをなくせるでしょう。見栄えだけでなく、動きやすさにも影響する要素です。

サイズが合わないときは「オーダーシャツ」

image4.png

既製品がどうしてもフィットしない場合は、オーダーシャツを検討しましょう。既製品のサイズが合わない理由と、オーダーシャツの魅力を解説します。

既製品のシャツが合わない理由

既製品は、一般的な日本人男性の体形に合わせて作られています。しかし、肩幅の広い人や胸板が厚い人など、実際の体形は人によりさまざまです。

そのため、例えば同じ身長の人が同じサイズを選んでも、どこかしらサイズが合わない部分が出てくるでしょう。

自分の体形に適さない既製品のシャツでは、着用したときに余計なシワができるなど、だらしない印象を与えやすくなります。着心地が悪くなってしまう点もデメリットです。

オーダーなら自分の体形に合わせられる

既製品のシャツは、すでに完成した状態で販売されています。一方、オーダーシャツは、自分の要望をオーダーしたあと、そのオーダーに沿って作り進めていきます。

オーダーする際は自分のサイズを測るため、自分の体形に合ったシャツを作ることが可能です。着丈・首回り・裄丈など、自分にしかフィットしない1枚になるでしょう。

全てのサイズが自分にとって適正なら、見栄えも格段に良くなります。体を動かしても生地に余計な圧がかかりにくくなるため、長持ちしやすくなる点もメリットです。

オーダーならではのメリット

オーダーシャツでは、サイズだけでなく生地の色柄やデザインも自由に選べます。それぞれの種類も豊富に用意されているため、自分好みのシャツを作れるでしょう。

生地の種類にこだわれば、着心地の良さもアップできます。生地により肌触りが違うため、好みや季節に合わせて好きな素材の生地を選ぶと良いでしょう。

ワンポイントのアクセントを入れられる点もメリットです。珍しい色柄のボタンを選んだり、刺しゅうを入れてもらったりすることで、さりげないおしゃれを楽しめます。

自分のサイズに合ったシャツを

image3.jpg

着丈には適正なサイズがあります。自分に合ったシャツを選べば、体を動かしてもパンツから出にくくなるでしょう。

首回りや裄丈のサイズにも注意する必要があります。どうしても既製品のシャツが合わないなら、オーダーシャツで自分だけの1枚を作るのがおすすめです。

KASHINAVI編集部
KASHINAVI編集部
オーダーメイドブランドのKASHIYAMAによる、知って得するスーツの常識をまとめたコンテンツ「KASHINAVI」を運営。 スーツに関するお悩みに対してナビゲートします。